物件探し

シンクとテーブルセット

賃貸物件を借りるときに、家賃は気になるところの一つではないでしょうか。
月収に対しての家賃の割合は、だいたい3分の1程度が適しているといわれています。
しかし、収入の3分の1をもっていかれるわけなので、なるべく家賃を抑えたいと思うものではないでしょうか。
賃貸物件を借りるときには、家賃交渉をするということも可能な場合があります。
この家賃交渉をすることで、住んでからの家賃を抑えることができるのです。
人気の物件であったり、繁忙期に家賃交渉をすると、その部屋を貸してもらえないということも起こってくるかもしれませんので、タイミングをみて注意して家賃交渉を行うようにしましょう。
また、壁紙が汚れているなどがあった場合、それらを理由に家賃を下げてもらうという交渉ができることもあります。

賃貸物件は地域によって借り手市場だという場所もあります。
不動産投資をしている人も多くいるので、物件自体はこれからも増えていくと予測します。
また、築年数が経っている建物もたくさんありますので、それらをどう工事していくかということも課題となるでしょう。
昔はワンルームで面積が狭くても借り手はいましたが、現在はワンルームでも少し広めの物件が人気を集めています。
また、セキュリティーが強化されているという物件を探す人も増え、特に女性の一人暮らしではオートロックが必須となっているともいえるでしょう。
この傾向はこれからも続くと予測します。
月収の3分の1程度の賃貸物件を目安とすることは、これらもあまり変わらないといえるでしょう。

Copyright(c)2015 賃貸を考えるときの三か条:マンション満開物件探し